☆うさぎとねこの生活☆ うさねこFamily☆

保護猫にゃんと育児放棄うさぎさん2ぴょんの日々☆

2度と関わらないで下さい!!あなたのことですよ!

3年前 三毛猫るんるんは大変酷い目に あいました。

 

①❗❗

 

http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/28/103528

②❗❗

http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/27/195458

 

③❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/28/130541

 

④❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/29/194351

⑤❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/30/173407

 

 

↑当時の記録。

嘘偽りは一切ありません。

 

2度と関わらないでください!!

と、怒りの題名です。

 

普段は全く怒りませんが、、
(動物虐待、子供への虐待、女性へのDVのみ
本気で怒ります。が)

 

今回は猫の命も関わっているために

本気で怒っております。

 

また出てきたこの人。

 

B地区のAさん  貴女ですよ。

 

貴女が嘘をつき三毛猫るんるんは大変な目にあった。

死にかけた。

それをまだ

 

 

いい加減なことを言って

 

お腹を冷やさなかったあの子が悪い。

あの子はおかしい。と言った表現をされているようですね。

ここに 記録を残していますよ。

 

皆さんにきちんと読んでもらいましょう。

 

3年ほどぶりに読み返しましたが、

また怒りでおかしくなりそうです。

 

Aさん、貴女が嘘を言い続け、

あちこちに発信されることによって

 

多くの

 

助かる命、助かる猫たちの数が

 

減っていることをご理解してください。

 

 

私は貴女とは一切の関わりがないのに

どうして また別の方から

 

三毛猫を温めたんだって!

それで 化膿したんでしょ!

あなたやってること分かってるの!

大きな声で言われるのでしょう。

 

今回、4匹の猫を捕獲しました。
(母猫1匹  子猫3匹)

母猫はリターンせずに里親に託す事になりました。

(前のブログにて投稿している私が書いた文面により、
心動かされた方がおられました。)

 

母猫は外で生きてきています。

威嚇も噛みつきもあります。

少しでも早く、人馴れも出来るように

ほぼ寝ないでお世話をしています。

噛み付かれても引っ掻かれれようとも構いません。

全力でお世話をしています。

 

それも知らずどうして

 

猫にヒーターを置くな!

三毛猫の時もあなたがした行為で大変な事にになったんでしょ!

などと 当時のことも、今回の母猫のことも
お世話していない方に

 

頭ごなしに言われるのでしょうか。

 

再度、こちらで アップします。

  • それから 三毛猫の最悪な避妊手術というブログは

  • 3年経った今でも

  • 注目記事として ブログにあがってきます。

  • これは わたしが操作できるものではありません。

それほど世間の方が見ている、読んでいる。ということです。

 

何度も他の記事をアップしていて、

その間に下がってもまた上がってきています。

注目記事として誰もがすぐに見れるようになってしまうのです。

私は操作は出来ないのです。

多くの人が注目し、

貴女に嫌悪感を懐いているのは

紛れもない事実なのです。

 

 

Aさん もう嘘は言わない方が身のためです。

ここで記録していることが全てです。

 

 

そして 今後、2度と 三毛猫のこの話をされない方がご賢明です。

話をしなければ ブログを読まない方にはいわば

 

貴女の嘘は闇に葬られるのです。

 

再度、書かせていただきます。

 

貴女の嘘で助かる命が減っています。

そんな事、貴女には関係ないかもしれませんが。

命の冒涜、

因果応報と

だけ書いておきます。

 

 

それからそのAさんの話を間に受け、

夜に何度も電話してきたご夫婦。

 

とても残念で仕方ありません。

 

 

猫の保護、

どうぶつ助けは

人助け

 

です。

 

結局は、人と人とのつながり、愛情の元で

動いているのです。

 

一方的に頭ごなしに言われ、
猫のことも見ているわけでもなく、
様子も知らず、

どれほど悔しかったかご理解されていますか?

大変残念で仕方ありません。

 

あなた方が保護した猫たちは素晴らしい里親様と引き合わせて頂きました。
今後も全力でお手伝いするつもりではいましたが、

 

このような事が起こってしまっては
心から大事に思い、何かあればすぐにお手伝いするという行為は

一切出来なくなりました。

今後は どのような状況においても

サポートする事はありません。

今までありがとうございました。

 

  • 今後は
  • 私が本気で全力で助けたいサポートしたいと思う方達と
  • ねこのため

  • どうぶつのために

  • 全力を尽くしていきます。

 

 

 

 

全国の猫の保護活動において

リアル(現実)でもネットの世界でも

こうしたデマで疲れてしまわれる事が多くあります。

被害を受ける方は大抵は実際に活動をしている方です。

それは自分自身が 猫の保護活動ということにおいて

行動を起こしているため

1つ1つの行為が大変で労力が必要という事が

理解できているからです。

誰かに文句を言ってる時間、暇なんてないからです。

 

デマ、文句を言うのは  結局は

 

自分の方がえらいんだ。

だから言うことを聞け、

 

と。

ざっくり言えばそう言う傲慢な気持ちを孕んでるのです。

 

猫の命を

どうぶつの命をいい加減ではなく本気で全力で助ける行為は

命がけなのです。

それを理解されず、協力しようとせず、

ありがとう。の気持ちもなく、(これは一般的なことで私に向けてではない)

どうして 非難するような言葉、行為になるのでしょう。

 

  • 1匹でも多く命を助けるには救うには

  • 同じ気持ちで

  • 同じ方向を向き

  • 皆で協力し、皆で分かち合い、

  • 人と人とも愛情を持って接する事が大前提だとも思います。

 

 

猫の命を助けるために寝食を忘れ、

ただただ、目の前の命に対し自分の命を丸ごと賭けて動いている人が

全国でもほんとうにたくさんいるのです。

そしてその行為を妨害するかのような人間も必ず出てきます。

 

(そういえば大阪の時はそう言った行為はされたことは無かったな。。)

 

命を思うなら尊ぶなら、

いい加減な行為、

適当な猫の保護活動はやめてください。

 

助かる命が確実に減ってしまうのです。

 

どうか、1匹でも多く助かるように。

どうか、適当でいい加減な人間はそういった人たち、グループだけで集い、

その中だけで完結していてください。

本気で活動する人たちの妨害をしないようにしてください。

 

 

  • 私の思いはただ1つ。

 

  • 1匹でも多くの命が救われるように。

  • 不幸な環境に置かれた猫たち、うさぎ、犬が

  • あたたかい家庭、家族様の元で暮らしていけるように。

 

ただそれだけの思いで今後もやっていきます。

逆にそれが出来ない方とは一切の関わりは持ちません。

⇣三毛猫は本当に悲惨な事になりました。これが外に放たれる猫なら

命は無かったかもしれません。

 

 

①❗❗

 

http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/28/103528

②❗❗

http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/27/195458

 

③❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/28/130541

 

④❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/29/194351

⑤❗❗


http://miwachann7777.hatenablog.com/entry/2016/10/30/173407

 

 

↑当時の記録。

嘘偽りは一切ありません。