地域猫を知ってもらいたい。


f:id:miwachann7777:20190405153907j:image

地域猫が生きずらい街。

先日、捕獲した猫がいた場所に
貼られた看板。 


f:id:miwachann7777:20190405153627j:image

 

私は外猫にはご飯をあげたことは無いが、

この様な看板を見つけてしまったので
その日のうちに その黒猫を捕獲し、


f:id:miwachann7777:20190405153644j:image
f:id:miwachann7777:20190405153657j:image


猫の小屋も撤去した。


f:id:miwachann7777:20190405153739j:image

翌日には その撤去要請の看板も
剥がされていた。

ドイツなどでは
どこのお宅でも 玄関に
外で生きる動物、猫達への
飲み水用の器、水が置いてあり、
中には ご飯ドライフードも置いてる家庭もあるらしい。

猫や犬をもらい受ける際は
保護団体およびシェルターであり、
ペットショップは存在しないという事

これはドイツに住んでいた里親さんから
直接聞いた話。

日本も

 

 命の売買をそろそろ廃止にするべきじゃないかと思う。

 

 

このクロネコ
スコティッシュホールド。
折れ耳の奇形だ。

 


f:id:miwachann7777:20190405153948j:image

 

10年間も外で生きてきた。
この辺りでは
たくさんの人が知っており
クロー!クロー!と呼ばれていたらしい。

クロは
虐待をうけていたようで人を見ると逃げ回る。
そして、
迫害を受ける事になった。

 

あのとき、偶然に あの看板を見つけた。

すぐに動いた。

1匹の猫の居場所がなくなってしまう。

もう10歳を超える黒猫。

 

 

家の中に入った黒猫は

 

もう外でたったひとりで

息絶えることは無い。

 

家の中であったかい生活を送ろう。

 

それから、安心してご飯を食べよう。

冷たい水を、
汚れた水を飲むこともなく、
いつも綺麗な水を用意するね。

 

あったかいホカホカのご飯を
毎日あげるね。

毎日 ブラッシングして
体を撫でて、
頭を撫でて、
抱っこしようね。

 

今までしなかった事、

楽しい事、

いっぱいしよう!

 

10年分、10年という猫にとっては
そのほとんどを
過酷な状況で生きてきた。

 

 

捨てるなら買うな。
捨てるなら飼うな。

 


f:id:miwachann7777:20190405153845j:image