☆うさぎとねこの生活☆ うさねこFamily☆

保護猫にゃんと育児放棄うさぎさん2ぴょんの日々☆

最悪な避妊手術。他の2か所の病院で再治療。

 

miwachann7777.hatenablog.com

 

 

るんるん 避妊手術をした病院に行ってきた。

f:id:miwachann7777:20161025103944j:plain

 

今回、 三毛猫 るんるんは
避妊手術で 今時の不妊手術では ありえない大きな傷を作られた。

f:id:miwachann7777:20161028103011j:plain

f:id:miwachann7777:20161028102802j:plain

手術直後に貼られたであろう
ガーゼは るんるんの血がべったり滲み 

ガーゼは一向に取れず

別の病院で3人がかりで ガーゼを 剥ぎ取った。
(るんるんは おうちで 私が1人で剥がそうとすると
にゃーにゃー痛い!!と叫んでおり
今回は 病院だったので 泣くのをこらえたと思う。)

 

結果は 化膿していた。

 

今朝 朝一番で 避妊手術をした獣医師のところに
オットが連れて行くことに。


この辺は 田舎で 獣医師様様みたいな感じで
おんなこどもは特に なめてかかってくる。
ここは オッサンの出番や。

 

 

☆↓ ↓ 心配して連絡をくれた信用出来る 
大阪の猫ボラさんに送ったメッセ☆

 

今日 朝一に オットが るんるんを連れて 
病院に行ってきました。
るんるんの手術痕は 3,5センチ。

 

f:id:miwachann7777:20161028103011j:plain

これを見て 全く大きくもなく 普通通り!!だと。

あと 連れて来た人が いつも 

野良猫を連れて来るので

今回も 野良猫だと思った。

 

(連れて行ってのは ここを紹介した猫ボラさん。

「この病院には行ったことはない。でも

●●という団体がいつも使っていてすっごくいいんだって!と言っていた。

なので 何度も使用していたのに 連れて行ったことは無い!」と 

ウソを言われた事にも驚いた。 自分は責任を持ちませんて事か。)

 

なので

 

通常は 3針(外側部分)が 

野良猫なので 倍の 

 

7針 になった。と。

 

野良猫は動くので 多めに縫った。と。
昨日の電話では ★獣医(避妊した獣医師)が 


『 耳カットなしの家猫と聞いていたので 
内部がシルク 外側に ナイロン糸を使った。 』と。
ナイロン糸では抜糸が必要。

 

 

家猫は エリザベスカラーがつけれるから 
手術の傷は 小さめで

   
外の猫は エリザベスカラーがつけられないので
しっかり縫合しないといけないので

多めに縫った。

 

なので るんるんは 

野良猫だと思って 

 

手術が 通常 3針のところが 


7針になり 

f:id:miwachann7777:20161028103011j:plain


だけども 家猫なので 耳カット なし。 
と全く意味の分らない見解をしてきました。

 

f:id:miwachann7777:20161028183116j:plain

シュシュちゃんの避妊手術直後の画像。もちろんエリザベスカラーなんてしない。

 

 

 

 

 

この★獣医師は 
自分はこの手術法しか知らない!と言いはり、 
いつも行ってる大阪の獣医師の
避妊手術直後の写真↑↑を見せると 

うちでは一切出来ないし、そんなことは 
ほとんどの病院ではしていない! と。

ちなみに こちらの別の病院2か所でも 
避妊手術あと1センチの傷痕でした。

 

今回 るんるんが使用した糸は 
バイオシンで 

 

1件目の獣医は 半年以上しないと溶けない。
もしくわ 溶けない


2件目の獣医師は 2~3カ月。したら溶ける。

 

この★獣医師は 2週間~1カ月で必ず溶ける。
と言い張りました。

なので 
既に1週間経ちますが 一向に 溶ける気配はありません。
と★獣医師に言うと 

 いつか溶けます。

 

て。もう 話しにならず。

 


当初は 抜糸まで責任を持って 
ここでしてもらうつもりでしたが 

 

今後の治療は 

一切 こちらではしません。

 

今後の別の病院で 

るんるんは治療、抜糸までします。
 


★獣医師は その治療費は負担する。
と言ってきました。 というか言わせました。 

ちょっとありえない適当すぎる執刀をしています。

そして その獣医を こちらの猫ボラさんの1人は 

素晴らしい先生だ!

子猫も1,5キロから手術して下さって!と
尊敬しています。(1,5キロなら 里親を探してほしい。と懇願しても あなたには出来てもみんな無理!

との一点張り。)

 

 


この手術法で 1,5キロ子猫だと 耐えきれるのか?
疑問です。 
今回 この病院を紹介し 連れていった人間が 
とにかく るんるんを 温めるな!冷やせ!冷やせ!と
何度も言ってきており 
この時期に子猫を冷やすなんて言語道断。と言ったところ言う事を聞いてくれないなら縁を切る!と言われました。
 

 

今まで 里親さんには 避妊去勢に関しては
大阪の私が信用している 動物病院を紹介し 
私の名前で予約を取るようにしています。
(11月5日にも取ってます。実は るんるんもこの日 
避妊手術予定でした。)
ワクチンなどは里親さんの近所の病院で 
避妊去勢に関しては 大阪のA動物病院が一番です。
今回は 私が 今 こちらに在住していることをふまえ 
この病院が

① TNR専門病院であること  
②大きな団体が常時使用している病院であること 
③1日10匹以上の不妊手術をしていることなど

 

こちらの猫ボラの方が こう言ったことをうのみ

信用して 

 

私の猫の保護活動 10年間の中で
初めて大阪の信用出来るA動物病院以外の
獣医師に避妊手術をしました。

そうしたら このような結果になりました。

 

悔しくて 号泣し 

るんるんのお腹に大きな傷を

作ってしまったことに

一生来る苦しむと思います。

 

そしてこのような手術法で 

今後 外、 
寒空にリターンされる 猫らが心配で仕方ないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

↑ ↑ 大阪の信用出来る猫ボラさんに送ったメッセ↑↑

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

るんるんは 今日は 病院のはしご。

 

避妊手術から 既に 6日目。
本来は通常の生活に戻っているところ。
しかし 熱が 続き、
おう吐はないものの 食欲はいつもより少ない。

 

f:id:miwachann7777:20161029193140j:plain

リンゲル点滴 
抗生物質注射(コンベニア)
抗生物質のお薬(バイトリル)

 

 

こんな小さい子に 

なんでここまでせなあかんの。

 

f:id:miwachann7777:20161029195351j:plain

 


 

そして これよりも 小さい子猫を不妊手術し
その子らは 痛みを伴い

外でたった1人で辛い思いをして 苦しんでる。

 

それを知ってもらいたくって 

るんるんの傷を見た瞬間から
ずっと こちらの猫ボラに言ってる。

この手術法は ないよ。
こんなん 10年前の手術法だよ。

その通りで オットいわく 高齢の獣医師で
この手術法しか知らない!と何度も言い張った。

 

 

TNR というのは 外で生きる猫が
これ以上増えて 辛い思いをしないように。と

t トラップ 捕獲する
n ニューター 不妊手術する
r リターン 元にいた場所に戻す。

1代限りの命にしてあげましょう。
その個体が 妊娠出産を繰り返し 辛い思いをする前に
その1匹を大事にしてあげましょう。という活動。

 

猫を捕獲し 手術方法も知らず そのままリターンし
リターン後は知らん。では
あかんと思う。

 

外に放たれるからこそ その傷は 限りなく小さくし

猫の体に負担が極力かからないように

するのが一番だと思う。


その猫が きちんと 安心して暮らしているかを
確認するのも 必ずセットだと思う。

猫の保護をするなら もっと勉強しなあかんと思う。

 

猫を通し その人の本性が見える。
小さい体の尊い命に対し
命を持って接することが出来るのか?
出来ないのか?

 


大阪の時は 仲間とは
毎日 連絡を取り合った。
それは こちらに来るまでの 8年間毎日続いた。

 

こちらではそこまで信用出来る人はいない。


考え方が全く違うから。仕方ない。

 

f:id:miwachann7777:20161029193123j:plain

私は 自分の手術 入院はキャンセルした。
だって るんるんの方が大事だから

大事なるんるんに何かあったら許さない。